ホーム > 店長の日記 > 続 産卵材で悩まない。佐賀県産オオクワガタの産卵セット。

続 産卵材で悩まない。佐賀県産オオクワガタの産卵セット。

2017/5/15

 

 5月10に産卵セットした佐賀県産オオクワガタですが、

現在は、こんな感じです。

004

ゼリーを補充する為に、覗いてみました。

ゴツゴツと材を齧る音が聞こえてきます。

 

 

 

 

10日に人工カワラ材を使ってセットしましたが、全てのセットで、材を齧っていました。

所々、卵を産みつけ、埋め戻したような痕も見られたので、きっと順調に産んでくれているのでしょう。

 

 

 

今年は、随分順調に産卵材を齧っているようなので、少し早めに、メスを取り出したほうが良いかも知れません。

人工カワラも、各ケース1本ずつしか入れていないので、新たに材を入れてもよいのでしょうが、

まだ、セットしていないメスも控えていますので、

そっちが先かなと言う感じです。

 

 

 

今後は、メスを取り出した後、卵が孵化する時期まで保管した後、

材を割って、幼虫を取り出し、菌糸ボトルに投入という流れになります。

 

 

 

 

 

そーいえば、数年前、産卵セットの空振りが続いて、幼虫が確保できず、かなりあせった思い出があります。

大体、気を抜いて、大雑把になりすぎると、つらい結果になります。

 

 

 

 

必要な数の幼虫が取れればいいや と思いながらも、

もしかしたら、産んでないかも… と思って 多めに産卵セットしたり、

逆に、予想以上に幼虫が取れたりして、菌糸準備してない って事もあったり

思い通りにいかない事が多いですが、

それはそれで、楽しんでいる自分がいるという…

 

 

 

7月頃になると、いろんなお客様からも、今年の状況が聞けるので、楽しみです。

 

 

 

 

今年の佐賀県産オオクワガタの新成虫・幼虫の販売は、まだもう少し先になりそうですが、

販売の準備が整いましたら、BRASショッピングサイトにUPしていきます。

 

 

 

  • BRAS菌糸の秘密
  • 菌糸を使ったクワガタ幼虫飼育
  • 菌糸ブロックの詰め替え方
  • M.タランドゥスの飼育
  • 商品紹介
  • BRASについて
  • 店長の日記
  • ショッピングサイト
  • お問い合わせ
  • ページトップへ