ホーム > Breed > BRAS菌糸の秘密

BRAS菌糸の秘密

BRASだけの特注菌糸

BRASだけの特注菌糸

現在販売されている昆虫飼育用品は、数多くありますが、皆さんお気づきの通り、商品名は違えど中身は同じという物もございます。

 

当店で販売している菌糸は、菌糸体取り扱い・菌床製造に精通したの工場と供に考案し、オリジナルレシピ(配合)にて作られた、『クワガタ幼虫飼育用高品質特注菌糸』です。

 

すなわち、BRASだけの特別な菌糸商品です。

 

2009年の販売開始以来、クワガタ飼育に情熱を注がれているお客様に好評を頂き、一年を通じてご注文を頂く事ができるようになりました。

近年では、口コミやネット上で拝見したと言う旨のご注文やお問合せが増え、沢山のご報告を頂いている状況です。

当店でしかご購入頂けない特注菌糸ですので、使用時期を逃すことなく、ご注文頂ければと思います。>>BRASオンラインショップ

良い菌糸とは?

良い菌糸とは?

クワガタ幼虫飼育にとって、今や欠かせない存在になった菌糸(菌床)とは、クワガタ幼虫の餌でもあり、より良く育つ為の居住空間です。

人工飼育下で累代飼育しているオオクワガタを育てる時、良い菌糸を使い、3世代は同じ菌糸を使ったほうが、大きくなりやすいと言われています。

 

その為、クワガタ幼虫にとって良い菌糸とは、長期間幼虫にとって最良な環境を維持できるものでなくてはなりません。

そして、飼育する人間にとって良い菌糸の条件の一つは、『また次も使ってみよう』と手ごたえを感じる菌糸でなければなりません。

 

当店は、良質な菌糸を末永くご提供し続けていけるように、日々研鑽を重ねております。

BRASだけの特注での菌糸(菌床)作成

BRASだけの特注菌糸(菌床)作成

上記でも申し上げました通り、クワガタ幼虫飼育において、菌糸瓶とは、良質な餌であり、居住空間でもあると考えています。

菌糸体を取り扱うプロにご協力頂き、飼育者側の意見を熟考の上、BRASだけの特注菌糸(菌床)を作りました。

菌糸によるオガの分解スピードと、菌床としての品持ちを考慮し、オガ粉の種類と粒度をバランス良く、絶妙に組み合わせました。

1ブロック約3600cc ブナ主体+クヌギ混合

添加剤…標準添加 +α(企業秘密)

水分量(仕込み時)51~53%程度

品質の維持・向上

品質の維持・向上

菌糸は新鮮な野菜と同じ生ものです。ただ保管して置くだけでも時間の経過と共に自然と劣化してしまう物です。

その為、長期間経過した商品の販売を避ける為、必要に応じた小ロット生産をしています。

これにより新鮮で安定した状態で、クワガタ飼育に活用して頂くことが可能です。

より良い状態の菌糸を使用して、最大限のパフォーマンスを実現して頂けるように、当店は常に品質の維持・向上に努めています。

BRAS特注菌糸の使用感

品持ちが良い菌糸

菌糸交換

クワガタ幼虫は、菌糸瓶の交換時、どうしても体重を落としてしまいます。

交換後、成長段階において、体重を回復・増加させることもありますが、やはり効率が良いとは言えません。

 

菌糸瓶(菌床)が長持ちすれば、クワガタ幼虫の成長具合を見計らい、ベストなタイミングで菌糸交換をする事が可能です。

飼育の初期から適切な容量の菌糸ビンを利用し、菌糸瓶の交換回数を少なくする事で、交換の際に幼虫へ与えてしまうストレスを少なくすることができます。

当店の特注菌糸は、良い状態をキープできる期間が長い為、無駄な菌糸を消費するリスクが少ないです。

居食いする菌糸

居食いする菌糸

初めてBRAS特注菌糸を使用された方から『食痕が見れず不安』というご相談のご連絡を受ける事が良くあります。 

それは、居食いと呼ばれる状態で、幼虫にとって良質な餌であり、最良な居住空間を実現できている為です。

居食いとは、菌糸ビンの中で幼虫が部屋の様な空間を作り、壁部分を糞で塗りつぶし、成長と共にその空間を食い広げることです。

良い条件を満たす菌糸飼育では、居食いと呼ばれるオオクワガタ幼虫飼育で理想的な状態になりやすく、菌糸の消費量が少ない割りに、幼虫を大きく育てることができます。

勿論そこには、クワガタ幼虫にとって、より良く育つ為の環境が構築されていて、居食いとなるメカニズムが存在します。

 

お客様の声

お客様の声

良く居食いしてくれる

1月に入れ替え後、6月の羽化まで使用できました

菌が綺麗に廻った・廻っている

オガの粒度がちょうど良く気に入っている

実験的に使ってみたが、3令初期からの体重の伸び、3令後期からの体重の落ちの少なさ(微増)と、使っている菌糸の中で(我が家の環境で)1番成績が良かった

オオクワガタ80~82ミリ出ました

使いたいけど、予算と相談して少し使っています

もう少し粗目でも良さそう

…等

今後の参考にさせて頂きますので、皆様のご使用後の感想をお聞かせ頂ければ幸いです。

BRAS菌糸にできること

良質な餌・最適な居住空間

良質な餌・最適な居住空間の実現

より良いクワガタに育てる為には、環境・血統・菌糸や、その他の複数の要素が上手くハマッてくれる必要があります。

勿論、飼育技術や経験による所も多々ございます。

最高のパフォーマンスを実現する為に、BRAS特注菌糸は、クワガタ幼虫にとって良質な餌であり、育つ為の最良な居住空間を作りだすお手伝いをいたします。

ご使用にあたり、基本的なクワガタ幼虫飼育を理解し、実践していただければ、自ずと良い結果が得られるものと信じています。

皆様にBRAS特注菌糸を使ってよい結果が得られるよう、精一杯フォローさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

これからも一緒により良いクワガタ飼育を考えていきましょう。

飼育できるクワガタ

飼育できるクワガタ

当店の菌糸『BRASオオヒラタケ系菌床(Grip)』は国産オオクワガタをはじめとするDorcus系クワガタに良く合っています。

また、M.タランドゥス・オウゴンオニ等は、『BRASカワラタケ菌糸(MX-T)』をご利用ください。

飼育一例(お客様からのご報告含む)

国産オオクワガタ・グランディス・アンタエウス

国産ヒラタ・サキシマヒラタ・パラワンヒラタ・スマトラヒラタ・スジブトヒラタ

トカラノコギリ・ギラファノコギリ 等

BRAS菌糸の実績(菌糸販売数の比較)

BRAS菌糸の実績(菌糸販売数の比較)

2009年から販売を開始しましたBRAS特注菌糸ですが、徐々に販売数が増え、

2010年と2011年の菌糸ブロックの年間販売数を比較した所、約2倍の販売数増加でした。

また、2013年9月時点で前年の年間販売数を上回るご注文を頂くことができました。

要因としては、今まで複数使用してきた商品から、BRAS菌糸に移行される方が多く、

特に、長い飼育経験がある皆様の、継続したリピート注文を頂いていることだと感じています。

おかげさまで、菌糸ブロック販売の他、詰め替え品のご注文も増加しています。

これからもBRAS特注菌糸をご贔屓にしていただければ大変喜ばしく思います。

  • BRAS菌糸の秘密
  • 菌糸を使ったクワガタ幼虫飼育
  • 菌糸ブロックの詰め替え方
  • M.タランドゥスの飼育
  • 商品紹介
  • BRASについて
  • 店長の日記
  • ショッピングサイト
  • お問い合わせ
  • ページトップへ